ボールを追いかけている。

ちょっと最近嫌なことばかり書いていましたね。

これを読んでくださる人も嫌気をさしているんではないかと思います.

ちょっとここで捨て犬にとっての彼の奮闘記についても少しかきたいと思います.

ボールをおいかけるようになったんですよ.

これってすごいと思いませんか.

怖がっているのではなく、いろいろなものに興味を持った証です.

これをすることによって、お腹がすくので沢山食べてくれます.

そしてまた一緒に遊ぼうと誘ってくるのです.

本当にかわいくて仕方ありません

お金でいぬを買ったわけではなく、本当に犬自身がプライスレスだなということがよくわかります.

こういった心の通い方ができるのも、捨て犬ならではではないでしょうか.

私はほんとにそう思います.

捨てられていなかったら、そう考えるときは沢山あります.

捨て犬でなければ、こういうことはなかったのではないかと思います.

ブログも書いていませんしね。いいきっかけをあたえてくれた愛犬に感謝です。