パートナーとして

でもこれだけは言えますよ。

幾ら障害があっても、幾ら辛いことがあったとしても、動物は人間と同じパートナーとして考えることができるということのです。話すことはできなくても私の気持ちをしっかりと理解してくれますし、私が帰ってきた時のあのメグの喜びようは人間ではできないのではないかと思うほど感情をむき出しにしてきます。

幾ら疲れて帰ってきても、メグがいれば大丈夫。私にはメグがいるからこそ、私の人生があるんだと思うくらいです。

捨て犬という事実とか、そんなことはどうでも良いのです。彼女とずっと一緒にいたい、そう思わされるというだけでもすごいと思います。一体誰が彼女をすてたのかわかりません。

しかし今では本当にあわせてくれてありがとう、と思います。

これからも長生きして私とずっと一緒にいて欲しいな。メグ、これからもよろしくね。

わがままな私ですけど。

今、私の足元でウトウトしていますので、このへんで。